人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

愛知県、緊急事態宣言解除

5月25日、安倍首相は、関東4都県と北海道の緊急事態宣言を解除した。

それに合わせて、大村愛知県知事は、「愛知県独自の緊急事態宣言」を解除した。

headlines.yahoo.co.jp

私にとって、気になるのは、「外出自粛要請」が出ているかどうか、ということ。

 

5月7日

安倍首相は、愛知県の緊急事態宣言を解除したが、大村知事は、「5月31日まで愛知県独自の緊急事態宣言」を発表。

大村知事は、休業要請を徐々に解除しながらも、愛知県民に「外出自粛」を要請した。

5月25日

安倍首相は、全国すべての緊急事態宣言を解除し、大村知事は、それに合わせて「愛知県独自の緊急事態宣言」を解除した。

ようやく、大村知事は「外出自粛要請」を解除した。

 

何か腑に落ちない。

「愛知県独自の緊急事態宣言」は何だったのか。

検証されないまま、このまま過ぎていくのだろうか。

5月7日、愛知県は「緊急事態宣言を解除」されたのに、大村知事は「独自の緊急事態宣言」を発表して、5月25日、全国すべての都道府県で解除されたら、「独自の緊急事態宣言」を解除した。

「独自」というのは、いったい何なのか。

「明確な独自の基準」というものがあって、宣言や解除があるべきではないのか。

他が解除されたから解除。

これが「独自」なのだろうか。

「愛知県独自の緊急事態宣言」は、県民に「外出自粛」を要請した。

そして、飲食店等の休業要請は徐々に解除されていった。

「外出自粛」を守れば、飲食店に行けないではないか。

この矛盾。

大村知事はわかっているのだろうか。

 

以前も書いたが、5月22日、関西3府県の緊急事態宣言が解除されたとき、吉村大阪府知事は「外出自粛要請」を解除した。

「感染拡大防止に十分気を配りながら、外出してください」という意味。

「人が動かなければ、経済が回らない」ということを、吉村知事は理解していたのだろう。

 

5月7日以降24日まで、大村知事は、人を動かさず(外出自粛要請)に、経済を徐々に回そうとしていたのではないだろうか。

 

「愛知県独自の緊急事態宣言」と「外出自粛要請」は本当に必要だったのかどうか、検証するべきだと思う。