人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

RAV4の不満なところ(1)

毎日運転していて、満足度が高いRAV4だが、不満点もある。

いくつかを挙げていきたい。

①全幅が長すぎる

RAV4の全幅は1855mm。

アドベンチャーというグレードだと、何と1865mm。

以前乗っていたVOXYは1735mmだったから、120mm長くなった。

自宅の駐車場に入れる時には特に困るということはないが、一番気を遣うのは、狭い道での対向車とのすれ違いだ。

自宅の北側の道はけっこう狭く、今までは車を楽に走らせていたが、RAV4になってからは、この道は走らないことにした。

ディーラーの人に言ってもしかたがないのだが、

「全幅もっと短い方がいいのに。カローラは、全幅を欧州仕様の1790mmから1745mmに変えてきたから、RAV4もそうしてほしかった」

と言ったら、

「全幅を小さくすると、デザインがこわれるんですよ」

という返事。

全幅を、ライバルと比較してみる。

 トヨタ RAV4 1855mm

 ホンダ CR-V 1855mm

 マツダ CX-5 1840mm

 ニッサン エクストレイル 1820mm

 スバル フォレスター 1815mm

CR-Vも大きいんだ。

細い道で対向車とすれ違う時は、こちらが止まって待つしかない。

 

②パノラミックビューモニターの設定がない

他のトヨタ車にはオプション設定があり、以前乗っていたVOXYにもオプションでつけていたパノラミックビューモニター(360度モニター)。

なぜか、RAV4にはオプション設定さえない。

北米仕様にはあるのに、日本に上陸したらレス仕様・・・。

RAV4の左サイドミラーは、「耳たぶ」がついている。

車内から見るとこんな感じ。

ミラーが小さくて、あまり役に立っていない。

たぶん、マイナーチェンジで、パノラミックビューモニターは設定してくるはず。

嫌な感じである。

 

③デジタルインナーミラーの解像度が低い

最後まで、つけるかどうか迷ったデジタルインナーミラー。

後部座席に人が乗っても、車の後方がしっかりと見えるとても役に立つオプションだ。

試乗の時は、ぱっとミラーを見た時、ピントが合わせにくかった。

これも慣れだと思い、つけることにした。

後ろのガラスの内側(車内)にカメラが取り付けてあるので、後続車がすごく近くに見える。

運転手の表情さえもよくわかる。

ピント合わせは、だいぶ慣れてきた。

しかし、ミラーの解像度が低く、クリアに見えないのだ。

ミラーの液晶のドット数が少ないのかな?

 

不満な点はまだまだあり、次の機会に紹介していきたいが、トータルで言えば満足度の高い車(運転が楽しい♪)で、買ってよかったと思っている。