人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

RAV4のよいところ(1)

1月16日RAV4納車から10日経過した。

まだ高速道路で乗っていないが、以前のVOXYと比較して、よい点をまとめてみる。

①運転が楽

VOXYハイブリッドZSは、排気量1.8リットルで、システム出力が136ps(非力)。

RAV4ハイブリッドGは、排気量2.5リットルで、システム出力が222ps(パワフル)。

車重はRAV4の方が重い。

VOXYハイブリッドZS1620kgに対して、RAV4ハイブリッドGは1690kg。

大人一人分重いが、パワーが十分なので、運転が楽。

アクセルをそんなに踏まなくても、太いトルクで走るという感じで、十分速い。

②高い静粛性

ハイブリッドなので、アクセル開度を小さめで発進すると、時速50kmぐらいまではEV走行するので、エンジン音はもちろんない。

エンジンがかかっても、遮音がしっかりとしているので、室内にエンジン音があまり入ってこない。

今思えば、VOXYのエンジン音はうるさかった。

遮音の問題もあったのかもしれない。

③快適な乗り心地

難しいことはわからないが、TNGAの効果だろう。

ボディ剛性がかなり高められたらしい。

④デザインがいい

購入時、スバルのフォレスターと比較したが、やはりRAV4の方がかっこいい。

特に、横から見たデザインが好き。

⑤オーディオの音がいい

4スピーカーが6スピーカーになっただけではないと思う音の違い。

明らかに音がクリア。

これには、びっくりした。

⑥燃費

今のところ、VOXYとそんなに変わらない感じ。

排気量が大きくなった分、多少は悪いかもしれない。

 

とりあえず、よいところはこれぐらい。

よくないところもあるので、また機会があれば紹介したい。