人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

桑名城跡

1月21日、「桑名七里の渡し跡」を見学した後、歩いて桑名城跡へ。

本田忠勝の銅像があった。

本田忠勝と言えば、徳川家康の家臣で猛将。

数々の戦で活躍し、傷一つなかったという。

徳川家康の過ぎたるものの一つ。

本多忠勝 - Wikipedia

持っているものが、有名な「蜻蛉(とんぼ)切り」。

戦場で、この槍を立てていたところ、トンボが飛んできて、真っ二つに切れてしまったことが由来らしい。

本当の話かな?

日本三大名槍のひとつである。

肩から大きな数珠をかけているが、これは自分が討ち取った相手を弔うためだ言われている。

本田忠勝は伊勢桑名藩の初代藩主である。

これが桑名城跡。

墨俣城のように、模擬天守閣を建てればいいのにと思う。

堀だけが残っていて、九華公園になっている。

これは砲台?

説明板がなかったが、新政府軍と戦ったものかな?

 

見どころが多かった「桑名七里の渡し跡」と「桑名城跡」を後にして、23号線を通って帰宅。