人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

桑名七里の渡し跡

1月21日、墨俣一夜城を後にして、長良川に沿って南へ約37km。

桑名城を目指した。

約40分、片道一車線の信号のない道路。

燃費をかせげる道路だ♪

 

車を桑名城の近くの駐車場に停めて、駐車場のおばちゃんに、「桑名城はこっちにありますよね?」と聞いたら、桑名城は明治政府に壊されましたと言われた。

近くに、七里の渡し跡があることを聞き、そちらを先に見学。

 

途中にあった蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)。

蟠龍とは何か?

調べてみた。

ウィキペデアによると、「とぐろを巻いた龍」「地面にうずくまって、まだ天に昇らない龍」という意味。

中に入った。

蟠龍」が展示してあった。

この蟠龍櫓」は、河口のまち桑名を象徴するものらしい。

江戸時代の浮世絵にも、この「蟠龍櫓」は描かれている。

 

長良川の河口堰も見ることができた。

手前は揖斐川である。

 

七里の渡し跡は、こんな感じ。

鳥居が立っていた。

案内板がくすんでいたのが残念。

この後、桑名城跡へ移動した(続)