人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

昭和の日

今日は10連休の3日目。昭和の日。

教員時代、学年主任で学年通信を書いていた頃は、いつもゴールデンウィーク前の通信に、「祝日の意味」を書いてきた。

祝日の意味を知らない生徒が多いのだ。

昔は、祝日の日は、国旗を玄関に掲げていたものだが、その光景はなくなった。

日本人として、「祝日の意味」を知っているということは大切なことだと思う。

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)の一部改正によって2007年平成19年)に制定された祝日で、日付は昭和天皇誕生日である4月29日があてられている。同法ではその趣旨を、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」としている。「ゴールデンウィーク」を構成する祝日のひとつでもある。

 引用元:昭和の日 - Wikipedia

昭和は「戦争の時代」平成は「災害の時代」と一般に言われている。

平成時代の主な大きな災害を並べてみると、

  平成3年 雲仙普賢岳噴火

  平成5年 北海道南西沖地震

  平成7年 阪神大震災

  平成16年 新潟県中越地震

  平成23年 東日本大震災

  平成30年 西日本豪雨

これはほんの一部で、毎年のように災害が襲った時代であった。

特に最近は、豪雨による被害が多いように思う。

 

令和はどんな時代になるのか。

南海トラフによる巨大地震はいつくるのか。

大災害への備えだけはしっかりしておかなければいけない。