人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

カラスノエンドウ

車を走らせると、ナビが、

「4月24日、今日は植物学の日です」と言った。

植物学の日???

調べてみた。

4月24日は「植物学の日」。日本の植物学者、牧野富太郎の誕生日(文久2年4月24日)にちなんで制定された。高知県出身の牧野は、2年で小学校を中退しながら独学で植物学の研究を続け、50歳の時には東京帝国大学理科大学で講師も務め、65歳で理学博士の学位も取得、死後に文化勲章を贈られている。
94年の生涯において、新種や新品種など約2,500種以上の植物を命名、集めた標本は約40万枚、日本植物学の基礎を築いた人物として「日本の植物学の父」と呼ばれる。1940年に出版された『牧野日本植物図鑑』は現在でも植物研究者や愛好者に親しまれている。小さい頃から植物が大好きだった牧野は自らを「草木の精」と称したという。

  引用元:植物学の日 | SmartNews 今日は何の日

庭にも、いろいろな植物が花を咲かせている。

これは、カラスノエンドウ。雑草なので、もうすぐ抜かれる運命である。

抜かれる前に、小さな花を撮影した。

カラスノエンドウの正式名称は、「ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)」

「矢筈」とは「矢の端の弓弦を受ける部分」のこと。

小葉の先がくぼんでいて「矢筈」に似ているので、そう名付けられたらしい。

では、なぜ、「カラスノエンドウ」という名になったのか?

「実が黒いから」とか「カラスが食べる実だから」とか。

実は、この「カラスノエンドウ」、食べられるらしい。

【雑草・野草】カラスノエンドウを食べる | kk-information

いろいろ調べてみると面白いものだ。

「カラスノエンドウ」の花言葉は、「小さな恋人」「喜びの訪れ」「未来への幸せ」

雑草なのに、素敵な「花言葉」である。