人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

白鳥(しろとり)庭園

今日は朝から快晴

白鳥庭園に行った。

自宅から近い(車で約10分)なので、過去、何度も来たことがある。

写真が趣味だったころ(今も?)、梅や桜や睡蓮の写真を撮りに来ていた。

もう、桜は終わりだろうなと思い、やってきた。

どんな花が迎えてくれるのか。

 

は当然花は咲いておらず、こんな感じ。

花が咲いている頃は、実にきれいだが・・・この季節ではしかたがない。

白鳥公園には、がある(もちろん人工)。

池泉回遊式庭園で中部地方の地形をモチーフに、築山を「御嶽山」、そこからの流れを「木曽川」、
流れの水が注ぎ込む池を「伊勢湾」に見立て、源流から大海までの『水の物語』をテーマにした
市内随一の規模を誇る日本庭園です。

www.shirotori-garden.jp

 はというと、こんな感じ。

下から撮るとわかりにくいが、桜の季節は終わったという感じ。

地面には、花びらがいっぱい。

ツツジはところどころで咲いていたが、5月の花なので、まだ早い。

これは、アセビの花。アセビは「馬酔木」と書き、毒性があり、「馬が食べると酔ったようになる」ことから、この「馬酔木」という漢字になったらしい。また、和名のアセビは「足しびれ」が語源らしい。アセビの花言葉は、「犠牲」「献身」

前置きが長かったが、花はとても可愛らしい。

これは、コブシの花。「つぼみが開く直前の形がこどものこぶしに似ている」ということで、この名前がつけられたらしい。花言葉は、「友情」「友愛」「愛らしさ」

枝垂れ桜はこんな感じ。満開の時に見たかったなあ・・・。

池の近くに寄ったら、鯉がたくさん近づいてきた。

餌をもらえると思ったのだろう。

平日の午前中なので、人が少なく、この日本庭園を「独占」している感じだった。

いい写真がたくさん撮れ、のんびりと季節を感じることができた。

次は、ツツジが満開になった5月頃に来る予定だ。