人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

無職になって1週間

4月1日から無職になり、今日で7日目。

普通なら、教員退職後は、再任用で、フルタイムハーフタイムかで働く場合が多い。

しかし、私がそうしなかったのには理由がある。

 

<理由①>

勤務先は自分では選べないのだ。

つまり、「ここに行け」と言われて、拒否はできないということ。

遠いところでも毎日通勤しなければいけない。

A地区の一番遠い中学校だと、自宅から約1時間かかる。

毎日がこれだとたまらない。

 

<理由②>

勤務先が小規模校で、学年全部のクラスを担当した場合、私の教科は「理科」なので、実験や観察の準備や片付けを私一人でしなければいけない。

もちろんこの時間は、授業時間内ではできないので、時間外になる。

 

上記の理由で、「普通」ではない道を選んでしまった。

年金をいただける約2年と少しの間は無収入だが、計算上、無収入でも生活できる

計算はできている。

 

学年主任だった現役時代は、学年通信に何を書こうかと考えていた。

今は、ブログに何を書こうか悩んでいる。