人生後半をアクティブに

人生100年、まだ道半ば。アクティブに生きていきます。

今日が教員生活最後の日

退職の辞令は3月29日にいただいている。

今日をもって「定年退職」である。

38年間、中学校の教員人生だった。

5校を渡り歩き、最後の赴任校である本校では3年間勤めた。

前任校では8年間勤めた。

あと3年、前任校で仕事をしたかったが、11年はダメというルールがあるみたいで、本校に転任した。

本校の3年間は、1年の学年主任からスタートし、ほぼ同じ教員スタッフで3年間持ち上がった。

同じでよかった。言いたいことが言えるストレスのない人間関係だった。

学年の生徒にも恵まれた。

とてもいい形で、教員人生を終えることができた。

 

希望があれば、あと5年、教員として働くことはできたが、悩んだ末、希望しなかった。

明日からは、無職である。

毎日が日曜日である。

どんな生活になるのだろうか。

このブログが、アクティブに生きている証拠になるようにしたい。